卒業のお祝いにフラワー電報を

私たちは誰もが小学校を始め、義務教育である中学校までは学業を行っています。その後は人により、高校に進学したり、就職したりと人それぞれの人生を歩んで行きますが、まだまだ学力社会である日本ではほとんどの人が高校に進学しているかと思います。

高校を卒業すると、そこで就職したり、大学に進学したり、専門学校に進学したりと更に自分だけの道を歩んでいくと思いますが、義務教育の中学までとは違い、高校からはある程度の成績を残さなければ卒業する事が出来なくなります。当たり前の様に卒業出来るものと思っていても、高校、大学、専門学校は学業をしっかり行わなければ卒業はできず、人によっては留年といった事になっている人もいるのではないでしょうか?そんな高校以上の学校は無事に卒業出来たら、その子供に親として何かお祝いをしてあげたいもの。

様々な物が卒業のお祝いとしてありますが、最近ではフラワー電報で生花を子供にプレゼントする親も増えてきています。花をもらって高校生の子供が喜ぶのだろうか?と疑問を覚える人もいるかと思いますが、普段何気なく見ている花でもしっかりとプレゼントされたらとても嬉しいもの。ましてや手紙ではなく、電報という最近では非日常的な物も添えられるとその喜びはワンランクアップします。また生花という普段なかなか世話をすることがない物をプレゼントで受けとれば必ずその生花の世話をもらった人はします。それにより、新しい趣味を覚えたり、生き物を育てる楽しさなどを覚える場合もあるので、現在は少しずつ注目を浴びているプレゼントの一つです。